2009年02月09日

ヴァールブルクの本を読んでいる

いままでは主にネット上で簡単に手にはいる資料をもとに、自分自身の分析によっていろいろと解釈してきた。けれど、すでに先人たちがいろいろな分析をしているのに、それを知らずに考えを進めていくのは、単に、僕自身の推理をしたいという気持ちを満足させるだけでしかないことに気がついた。この推理はこれはこれで面白いものだったが、再発見を楽しむのはこれまでにしよう。

結局、僕の得ていた情報も、先人たちの研究が巡りめぐって断片化していた物に過ぎない。それを組み立てて元に戻して楽しんでいるだけだ。先入観がなかったせいで、僕はちょっと違うものを組み立ててしまったみたいだけど。


アビ・ヴァールブルクの研究を知らずに、この問題を語ってはいけない。今はとても反省している。ただこの本『サンドロ・ボッティチェッリの《ウェヌスの誕生》と《春》』の存在にたどり着くのはそう簡単ではなかった。この本に、これほど詳しい研究が載っているということは、本を開いてみるまで分からなかった。

頑張って翻訳していたイタリア語の文章も、この本でちゃんと日本語に翻訳されて引用されている。徒労感よりも感激の方が強い。いくつかの疑問はこれを手にしてすっきりした。ただ、これを読んでいても中央の人物についての自分の着想が間違っているとは思えない。





拍手する
posted by takayan at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | プリマヴェーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113918416
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。