2014年07月12日

点字タイプソフト修正(20140712)

昨日修正したのに、今日もです。昨日の修正で、ちゃんと英字の大文字が打てるようになったのですが、キャプスロックをオンにした後、大文字の前置符号である6の点を使うと、小文字が表示されてしまいます。分かっていれば、これはこれでいいのですが、そのときの音声ガイドが「大文字」のままになっています。これだと音声ガイドと入力される文字との間に齟齬が出て、混乱させてしまいます。これは放置すべきではないので、はやめに修正します。ついでに他も修正します。

修正箇所
・Shift+CapsLockでキャプスロックをオンにしたとき、本来は英字の大文字化の前置符号である6の点を、その間だけ小文字化の前置符号とみなすことにした。それに伴いその間の音声ガイドも「小文字」となるようにした。
・該当しない点字パターンを入力したとき、PC-TalkerもしくはNVDAで「エラー」と発音するようにした。
・入力する手の切り替えメニューにチェックが付くようにした。

修正されたソフトは次の記事内のリンクからダウンロードしてください。
点字タイプソフト作ってみました。



拍手する
posted by takayan at 01:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 点字入力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梅木です。再修正有難うございました。今度はダウンロードリンクが表示されて
ダウンロードできました。早速使ってみています。この文章も6点入力で打っています。なかなか調子がいいです。英語の大文字など入力方法もわかりました。
ちょっと気づいたのですが 読点が56の点とスペースで打てると有難いです。
それとメモ帳でctrl+Fで検索しようとすると、効かなくて あ になってしまいます。以前のバージョンでは大丈夫だったのですが。
今後は少しずつでも記号入力を増やしてくださると有難いです。
感謝しております。
Posted by 梅木好彦 at 2014年07月12日 06:34
梅木さん、どうもです。
読点は直しておきました。
以前の検索のショートカットは偶然うまくいっていたのだと思います。今回から修飾キーが押されていたときは、フルキー入力と判断するようにしました。
Posted by takayan at 2014年07月13日 08:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック