2008年06月18日

モルダウ

この前、みんなの歌を見ていたらモルダウのメロディが流れてきた。ちょっと違うので最初分からなかったけれど、どこかで聞いたメロディ、これはモルダウの曲。歌っているのは聞いたことのある声だけど、イルカさんか。


いつか見る虹〜モルダウから〜イルカ


優しさに触れたときに人が感じる幸せを大河のように集まれば、平和な世界を作り出せるのではないかという歌だと思う。


モルダウはクラシックだから歌詞なんか無かったはずだけれど、他の歌詞をどこかで聴いたな、なんだったけ。

おとこはおおきなかわになれ・・・

検索してみた。そうそう、さだまさしだ。そうそう、「次郎物語」、映画の「次郎物語」のテーマ曲だ。映画館には見に行ってないが、テレビで放送されたとき見た。

さだまさし - 男は大きな河になれ〜モルダウより〜


こちらの方が、タイトルが直接的に曲そのものが表している雄大な川の流れのイメージをそのまま生かしていて、その上で映画の少年の成長や父の思いとかそいういうのが歌詞となって重なってくるので、はまってるように僕には思える。

同じ曲だけど、全然違う印象になるから面白い。


せっかくなので、本来の形のモルダウも

Smetana Ma Vlast Moldau Kubelik Czech 1990


追記 2008/6/20
コメントで情報いただいたので、後続記事書きました。
モルダウになぜ歌詞をつけたがるのか?


拍手する
posted by takayan at 02:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | モルダウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

モルダウになぜ歌詞をつけたがるのか?

前回モルダウのことを書いたら、コメント欄で清水さんに興味深い情報を教えてもらった。

結論から書くと、つまり、このメロディはモルダウが初出ではなく、ヨーロッパで古くから歌のメロディとして使われていたものだった。それだったらクラシックなのに日本人が歌詞をつけたくなるのも分かる。これは聞くための旋律というより歌うための旋律なんだ。

次の引用は、英語版Wikipediaのスメタナ「我が祖国」についての記事にある、このモチーフについて書かれた部分:

Motif of Vltava The piece contains Smetana's most famous tune. It is likely an adaptation of a folk song of renaissance Italy, La Mantovana, which is also the basis for the Israeli national anthem, Hatikvah. Smetana probably adapted the melody from a Swedish version called Ack, Värmeland or from an old Rumanian folk song about the oxen wagon called "Oi Scha".

Má vlast - Wikipedia, the free encyclopedia


まあ、そういうこと。

さて、本題は簡単に説明が付いたので、上の引用でも登場する Hatikvah についてちょっと書いてみる。これはコメント欄で教えてもらったアドレスで知った。

イスラエル国歌「ハティクヴァ(希望)」。平和な日本人がこのタイトルからイメージするものを遙かに超えて、日本語の訳詞は日本語のWikipediaに書いてあるが(後述のミクも別なものを歌うが)、内容はまさにシオニズム。力強さに圧倒される。

その記事の中のメロディーについての説明:

The melody for Hatikvah has some similarities with “La Mantovana”, a 16th century Italian song. A 13th century manuscript records a similar melody (but in major mode) with words in Latin praising the Holy Trinity: "Alta Trinità Beata". Its earliest known appearance in print was in early 17th-century Italy as “Ballo di Mantova.” This melody gained wide currency in Renaissance Europe, being recorded variously as the Spanish hymn “Virgen de la Cueva” (“Virgin of the Cave”); the Sephardi melody for the Hallel prayer; the Hebrew folk song “ the Prayer for the Dew,” the Polish folk song “Pod Krakowem,” a Swedish folksong Ack, Värmeland; and as the Ukrainian “Kateryna Kucheryava.”. This melody had been famously used by Czech Bedřich Smetana in his symphonic poem celebrating Bohemia, "Má vlast", as "Vltava" (Die Moldau).

The adaptation of the music for Hatikvah is assumed to be composed by Samuel Cohen in 1888. He himself recalled many years later that he had adapted the melody from a Romanian folk-song, possibly “Carul cu boi” (“Carriage with Oxen”) which shares many structural elements with Hatikvah. In Romania there circulate several folk songs with this same melody: "Song of may" (Cântec de mai) is another of them ("Luncile s-au deşteptat... the valleys got awake)

Hatikvah is written in a minor key, which is often perceived as mournful in tone and thus rarely used in national anthems. However, as the title (“The Hope”) and the words suggest, the import of the song is uplifting and optimistic in spirit.
Hatikvah - Wikipedia, the free encyclopedia


コメント欄で教えてもらった、バーブラ・ストライサンドが「ハティクヴァ」を歌っている動画 



ミクさんも歌ってますよ。日本語歌詞でも



イルカさんの「いつか見る虹〜“モルダウ”から〜」がイスラエル国歌と同源のメロディだと分かると、このメロディでこのような内容の歌を歌うなんてことを、万が一密かに狙ってのことだったらイルカさんも人が悪いと思ってしまう。この国歌の歌詞と、イスラエルの人々の苦難に満ちた建国の歴史や、その建国がもたらしたこの地域での血で血を洗う混乱を知っていれば、本人が知らないにしてもこれほど皮肉な歌詞はないだろう。

それにしても、NHKはちゃんと把握しているのだろうか。このくらいはリサーチしていないとまずいだろう。知っているからこそ、風景の映像もちりばめて、これはモルダウが原曲であって、イスラエル国歌を微塵も意識した歌ではないと主張しているのかもしれない。

追記
ここまで勘ぐらなくても、イルカさんの年代だったら、この川が流れる「プラハの春」あたりが念頭にあったと考えた方が妥当かもしれない。


後続記事「モルダウのメロディ」へ
モルダウのメロディについて興味を持ったので、上の引用に出てくる曲でYoutubeで聞けるものなどをいくつか探してみた。


拍手する
posted by takayan at 19:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | モルダウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

モルダウのメロディ

前回の「モルダウになぜ歌詞をつけたがるのか?」では、「モルダウ」がヨーロッパの古い民謡由来のメロディだということ、イスラエル国歌「ハティクヴァ」も同じメロディをもっていることを、英語のWikipediaの記事を参照し、具体的にYoutubeの音楽も並べながら書いた。今回は、Wikipediaの記事のリンクをたどって、前回気づかなかったことを書き足してみる。僕は音楽を専門的に勉強してきたわけではないから、ただ単純に耳で聞いて似ている似てないという素人判断しかできない。


前回の記事のスメタナ「我が祖国」の引用部分には、「Ack, Värmeland」へのリンクがあるが、開くと別のタイトルの「Dear Old Stockholm」のページが開く。この記事はスウェーデンの古い歌、そしてそれをジャズにアレンジしたものについてのことがある。

そのジャズとはこれのこと、日本語名は「懐かしのストックホルム」。

Donald Byrd - Dear Old Stockholm


これのどこが、モルダウに似ているのだろう。最初は分からなかった。

さて、さっきのWikipediaのページには、次のような文章が書いてある。

The song's melody bears some resemblance to an ancient (and very popular) folk song of indeterminate origin, which was later adapted by Bedrich Smetana for his symphonic poem, Vltava (also known as "The Moldau"), and which is also the basis for the Israeli national anthem, Hatikva. In Edvard Grieg's incidental music for Peer Gynt "Åse's Song" is also similar in melody.

Dear Old Stockholm - Wikipedia, the free encyclopedia



Peer Gynt 「Åse's Song」とあるけれど、同じ名前の曲が見つからないので、これは Solveigs Sang のことだと思う。日本語での名前は「ソルヴェイグの歌」。名前は知らなかったが、聞いてみたら何度か聞いたことがある曲。

Lucia Popp: Solveig's Song from Grieg's Peer Gynt


正直、さっきの「懐かしのストックホルム」に似ているようには思えない。まして、どう「モルダウ」とつながるのだろう。

さて、Dear Old Stockholm の ジャズではなく、元になった曲を探してみると、これもYoutubeに見つかった。聞いてみると、前回の投稿の引用の中でスメタナの元にした候補の一つではないかと、これを挙げているのもよく分かる。もう一つの候補はルーマニア民謡だが、これは見つけられなかった。


スウェーデン出身のテノール歌手ユッシ・ビョルリングによる歌
Ack Värmeland, du sköna -Tenor Jussi Björling 1936


スウェーデン出身の女優ツァラー・レアンダーによる歌
Zarah Leander - Ack Värmeland du sköna


この女性の歌声のパワフルさにびっくりするが、これは素直に「モルダウ」に似てるなと思える。そっくりではないけど、関連があるのは素人でも分かる。これは日本では、「ヴェルムランドの歌」と呼ばれるらしい。もともとは19世紀前半に、スウェーデン民謡を元に、ミュージカルのために作られた曲らしい。はっきりモルダウよりも先に作られている。



この曲を聴いたあとに、最初に挙げたジャズを聞き直せば、「ヴェルムランドの歌」をジャズにしたものが「懐かしのストックホルム」だとはっきりしてくる。また、「ソルヴェイグの歌」と「ヴェルムランドの歌」は似ている。でも何度聞き比べても「ソルヴェイグの歌」と「モルダウ」が似ているとは思えないのに、「ソルヴェイグの歌」と「ヴェルムランドの歌」が似ていると感じられるのがとてももどかしく奇妙な感じがする。

ツァラー・レアンダーの動画のコメント欄ではこの曲がモルダウに似ていることが指摘されていて、その一つによると、スウェーデンではこのメロディを扱ったドキュメンタリーが作られたことがあるようだ。イタリアの小さな村からヨーロッパ中に広がったという内容だったらしい。また他のコメントでは別の説としてルーツはベルギーだとも書いてある。

「ヴェルムランドの歌」というキーワードで調べると、東山魁夷著「白夜の旅」が紹介されている 見知らぬ世界に想いを馳せ : 白夜の旅 という記事を見つけた。この記事では日本語訳詞へのリンクも張ってあった(ヴェルムランドの歌)。この曲もまた、ふるさとを想う歌詞だった。この本はいつか読んでみたいと思った。

以上は、モルダウの記事にある曲名と、その曲の記事にある曲である。
そして「ハティクバ」についての引用にある曲はというと、


17世紀のイタリアの曲
Gaetano Greco - Partite sopra il ballo di Mantova



この曲は、年代が離れているはずなのに、まるでモルダウをバロック調にアレンジしたんじゃないかというくらいだ。先の動画のコメント欄にあったイタリアの村とはこのマントヴァを指しているのかもしれない。



最後に「ハティクヴァ」と「モルダウ」の関係について。結局これを調べたがはっきりとはよく分からない。検索していると2chのキャッシュに、次の記事へのリンクがあった。これはNHKのカイロ支局長などを務めた早良哲夫さんの雑誌への投稿記事らしい。
  さて、テルアビブの南にリション・レツィヨン(シオンへの第一歩≠フ意)という街がある。その名が示唆するとおり、近代シオニズムのもとに生まれたユダヤ人の入植地の一つで、一八七八年に鍬入れをしたペタハ・ティクバ(希望の門≠フ意)に次いで古い。今ではワインの産地として知られている。   一八八三年のある日、ボヘミアのユダヤ系詩人ナフタリ・インベルがリションを訪れ、開拓者の一人ヨセフ・ファインベルグ夫妻のもとに一泊した。ファインベルグは黒海沿岸のオデッサからの移住者で、財産といえば、後にも先にも古びたピアノ一台。この夜、ファインベルグ夫人は久しぶりに鍵盤の前に座り、客人と同郷の作曲家スメタナの「モルダウ」を弾いて、インベルに旅の疲れを忘れさせた。   しばらくの間じっと耳を傾けていたインベルは、紙片にスラスラと歌詞を書き、シオンの地に憧れるユダヤ民族の心を歌い上げた。この歌詞、そして歌詞に合わせて多少手直しされた曲は『ハティクバ希望=xと名付けられ、一八九〇年に現在の形の編曲符となった。

ミルトス・ホームページへようこそ - イスラエルの総合情報サイト


このファインベルグ夫妻も、後続する記事にある娘も実在するのは、次のリンク先を見て分かった。Genealogy Family History Museum Rishon Le-Zion - Fienberg Har-Tiferet Yosef。1883年は夫妻が入植した翌年なので状況的にも合致する。でも、このページではそのことに触れていないし、本当なら有名な逸話であるはずなのに、いくら検索しても上の日本語の記事を裏付ける英語のページは見つからなかった。


初めは「ハティクヴァ」と「モルダウ」との二つだけしか見えていなかったから、先入観を持ってしまい、この狭い関係だけでしか判断できなかった。でも前回と今回といろいろなこのメロディの系譜を(ネットで見つけられるものだけだけど)、実際に音楽を聴きながら考えてみると違ってきた。「ハティクヴァ」より先に出来たモルダウが影響を与えたことは否定できないだろうが、それ以前から人々に親しまれ、望郷の念を抱かずにはいられない時代を経て人々の心に刻み込まれたメロディであるということを踏まえて考えると、その想いの方が重要に思えて、二つの曲の関係をわざわざ結論づける必要もないと思えるようになってきた。


拍手する
posted by takayan at 02:22 | Comment(7) | TrackBack(0) | モルダウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

名曲探偵アマデウス「モルダウ」

以前、モルダウのメロディについて調べてここに書いた。英語のWikipediaにはこのメロディについての詳しい記事が書いてあったので、そこに示された曲のYoutube動画を張り付けてみただけだったけれど。

この前の日曜日NHK hiでモルダウについての番組があったので録画して見てみた。地上波では「天地人」をやってた時間。BS2や地上波でも後日放送される予定。

番組のその回の内容ページ:
NHK クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス | 事件ファイル#39
「河童(かっぱ)の里の騒動記 〜スメタナ「交響詩“わが祖国”より “モルダウ”」

今回の依頼人は渡辺哲演じる田舎の建設会社社長。彼がすすめる村の観光開発に小学校の恩師が反対してくる。恩師はこの曲を聴いて考えなさいと言ってくるが、社長にはさっぱり意図がわからない。困った社長は名曲探偵・天出臼夫(あまでうすお)を頼り事務所にやってきた。話はそこから始まる。恩師が伝えようとしたことは?それが今回探求する謎。この謎を探るために「モルダウ」がどんな曲なのかが示されていく。

スメタナの「わが祖国」は6曲からなる交響詩。モルダウはこの第2曲。この番組では愛国心という言葉は意図的に使わなかったのか、もちろんこの曲の言わんとすることは、まさしく祖国愛だ。スメタナがこの交響詩を作った時代、祖国チェコはオーストリア・ハンガリー帝国の一部となっており、言葉さえも禁じられていたと説明される。祖国を流れるモルダウ川のさまざまな表情を描き出すことで、自分たちの国への愛情を表現していく。それもチェコの人々なら誰でも知っている民謡のメロディ使っているとされる。これこそが何度も繰り返されるモルダウの主題になっている。この主題はホ短調で繰り返されているのだが、最後ではホ長調となり、希望に持ちた民族としての誇りを表す形でこのモルダウの曲を終える。

モルダウの曲は水の一滴から描写されている。それが寄り集まり流れとなり、そしてさらもうひとつの流れが加わって、モルダウの流れとなる。ハープが描く一滴の水の描写や、二つの流れの合流など、これらの演奏についての実際に楽器を使ってのとても分かりやすい解説があった。もちろんモルダウの有名なモチーフの解説もある。音符を並べて、その単純な構造と、急な上昇とゆっくりとした下降がもたらす印象についても、実際ピアノで演奏しながら詳しく説明がされた。こういう部分は、天出(筧利夫)や助手カノン(黒川芽以)が示すのではなく、映像の中で先生や演奏家のみなさんが示してくれる。

スメタナ自身の生涯についても簡単に触れられる。交響詩という表現形式に出会ったのは、祖国を離れて暮したスウェーデンでのことだった。彼は梅毒により耳が聞こえなくなるが、この曲はそのような状態で完成させた。

この番組で紹介されたチェコの民謡の名前は、「コチカ レゼ ディーロウ」。日本語の上手なチェコ人の女性歌手が、小学校の音楽の教材の楽譜を示しながら今でも皆に親しまれていることを、説明してくれる。そして実際にその曲を歌ってくれる。やっぱりちょっと似てる。

イスラエル国歌との関係や、スメタナがしばらく暮したスウェーデンにも似たようなメロディを持った民謡があることとか、13世紀のイタリアにまで遡れるこのモチーフの源流についてとかの話はなかった。話が妙な方向にひろがってしまうので、この番組で扱っていなくても問題ない。詳しいことを知りたいのはやまやまだけど、この番組はモルダウの説明としてはとても分かりやすいものだった。



この番組があったので、以前調べたものや参考にしたWikipediaのページを読み直したみたら、以前よりちょっと詳しいことが書いてあった。関連するページも新しくできていた。
La Mantovana - Wikipedia, the free encyclopedia

イタリア語のWikipediaのページが参照先として紹介されていた。このページも以前はなかったものだ。
Ballo di Mantova - Wikipedia

これは17世紀のイタリアのポピュラーソングについての記事。イタリア語は読めないけれど、ハティクバやスメタナという単語があるのはわかる。あとは、どうやら三種類の歌詞らしきものが書かれている。

Excite翻訳を通すと、次のようになる。
イタリア語翻訳 ウェブページ翻訳 - エキサイト 翻訳

「Fuggi, Fuggi, Fuggi da questo cielo」で検索すると、次のページを見つけた。こちらには英訳の歌詞も載っている。
Where Beauty Moves And Wit Delights

以下追加修正(7月12日)
上記のページは、ルネサンス期の音楽を専門に演奏しているバンドのファンサイトの一部のようだ。名前は、The New World Renaissance Band。http://www.owainphyfe.com/

この人たちの曲は下記リンクの米amazonで視聴できる。
Amazon.com: Fuggi, Fuggi, Fuggi: MP3 Downloads: The New World Renaissance Band

このサイトに書かれている曲の歌詞
Title: Fuggi Fuggi Fuggi
by Giuseppino (Italian circa 1600)

Fuggi fuggi fuggi da questo cielo
asp're duro spietato e gielo
tu ch'il tutto i prigioni e leghi
ne per pianto ti frangi o pieghi
fier tiranno giel dell'anno
fuggi fuggi fuggi la dove il verno
su le brine ha seggio eterno

Vieni vieni candida
vien vermiglia
tu del mondo sei maraviglia
tu nemica d'amare noie
da ad anima delle gioie
messaggiera per primeravera
tu sei dell'anno la giovinezza
tu del mondo sei la vaghezza.




拍手する
posted by takayan at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | モルダウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。