2006年07月27日

ル=グウィン

『ゲド戦記』が今週末劇場公開である。たぶん映画館には見に行かない。でも原作はまだ読んでいないのでこの機会に読むつもり。

ジブリ最新作
宮崎吾朗第一回監督作品
7.29(土) 全国東宝系ロードショー
原作 アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』
原案 宮崎駿『シュナの旅』

原案『シュナの旅』?
これ、二年前に読んだ。これがどう絡んでくるのかそこだけを見てみたい気もする。

原作のアーシュラ・K・ル=グウィンの作品は、以前読んだことがある。以前といっても10年ぐらい前だから、もう内容もはっきりとは覚えていない。そのとき読んだのは彼女のSFシリーズの方で、このファンタジー世界の『ゲド戦記』は読んでいなかった。図書館で見つからなかったから読まなかっただけだが、児童文学という先入観があったので、わざわざ取り寄せようとも思わなかった。

ル=グウィンのSFシリーズは、SFという言葉を使うと、変な先入観を与えてしまうかもしれない。未来世界。恒星間を自由に行き来できるようになった人類。そこで出会う全く別な社会を営む異世界の住民達。SFであるというのは、異世界を描写するための設定に過ぎない。SFとはそういうものだけれど、テクノロジーよりもその世界と人々を描くことの比重が他のSFに比べてとても高いと思う。だから、SFを敬遠している人も是非読んでほしい。

ファンタジー的な話もあったが、それより引きつけられたのが、哲学的な感触を与えてくれる作品だった。内容はもうはっきり覚えていないけれど、『闇の左手』と『所有せざる人々』は、なんかすごかったと印象に残っている。

この映画がきっかけで、ル=グウィンの『ゲド戦記』以外の本も、新たに多くの人に読まれるようになればいい。内容書けないぐらい忘れているのに、お薦めするのもなんだけど。




posted by takayan at 23:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。