2006年07月31日

グーグルアース

土曜日『世界一受けたい授業』でGoogle Earthを使った授業をやってました。講師は、東海大学宇宙情報センター所長坂田俊文氏。
実はこの番組あまり好きじゃない。以前からNTVの番組の演出の仕方がどれも生理的に受け付けない。興味があるのはこうやってみるけどね。

グーグルアースというのは、簡単にいうと衛星写真を使った地球儀ソフト。
Google Earth(英語)のダウンロードページからダウンロードし、インストールして使います。高機能な有料版もありますが、無料版でも十分楽しめます。

それなりのパソコンの処理速度と、高速なインターネット環境が必要です。また古すぎるOSでは使えません。対応しているのはWindows 2000/XP、Mac OS X (10.3.9 +)、Linux。詳しくはダウンロードページに書いてあるので、よく読んでください。

英語のページなので、Noblesse-Obligeさんのところの「まずはグーグルアースをDownload+Install!」のページの日本語解説を参考にするといいでしょう。

東京タワーとか、ギザのピラミッドとか、凱旋門とか、自宅の自動車とか、いろいろ見ました。感動しました。一度拡大した部分を、画面右上の[-]ボタンをダブルクリックしてズームアウトして、地球が見えたら、[+]ボタンをダブルクリックして高速にズームインすると、単純な映像なのにまたそれだけでも感動です。最近ニュースの映像などでも、こういう衛星写真のズームを使ったものが使われてますね。

Google Earth Wiki@Noblesse-Obligeには、いろんな情報が集められてます。ここにはいろんな地点の情報のファイルが置いてあります。これをダウンロードして、グーグルアースからそのファイルを開くと、その地点へとビューンと飛んでいきます。これもまた感動です。

「ダウンロード件数ランキング」ページを見ると、人気スポットの一覧が分かります。




posted by takayan at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。