2008年12月10日

Windows Live Writer で BlognPlus に投稿するには

Windows Live Writer BlognPlus に投稿するには BlognPlus の機能として XML-RPC インターフェイスが必要です。これがあれば、それを通じてブログエディタから記事を送ったり、記事を読み込み再編集をすることができます。しかし、まだ本体にその機能はありません。今のところ、拡張モジュールもありません。

無いのなら作ってしまえということで、作ってみました。基本的にそれが僕のスタンスですから。
一通り動作するようになったので、近日中に公開しようと思います。まだチェックすることがいろいろ残っています。

XML-RPC の動作が分かれば、実はそれほどむずかしいことはありません。BlognPlus 内で使われている データ管理関数を理解してデータベースに入出力するプログラムを書くだけです。

Windows Live Writer には最初からいくつかのプロバイダやブログシステムが登録されています。汎用のブログに、Windows Live Writer で投稿するためには、Metaweblog API、Movable Type API のどちらかを使います。今回は Movable Type API を使いました。実装する必要のある API は次の9個です。
  • metaWeblog.newPost
  • metaWeblog.editPost
  • metaWeblog.getPost
  • metaWeblog.getRecentPosts
  • metaWeblog.newMediaObject
  • mt.getCategoryList
  • mt.getPostCategories
  • mt.setPostCategories
  • blogger.getUsersBlogs
これを Movable Type で使える XML-RPC API を参考にしながら書いてみました。ライブラリは、XML-RPC for PHP Homepage のものを使っています。

実際投稿してみたページ:Live Writer 投稿テスト
とはいっても、見た目は手動で投稿したのと変わりはありませんが、投稿した画像は自動的にファイル管理画面で管理可能になります。


このブログに以前書きましたが、これは二年前に BlognPlus のことを知ってからやり始めたことでした。でも二ヶ月ぐらいで飽きてしまって、ずっと放置してました。こういう自分の中のプロジェクトが僕にはたくさんありますね。そのとき、その作りかけのものから作ったのが、ブログペットを使えるようにしたモジュールでした。二つか三つのAPIで動きますから、それくら いはすぐにできました。それからまた1年以上放置して、ようやく一週間ぐらい前から再開しました。悲しいことに、昔書いたプログラムが消えてしまっていた ので、ブログペットに使っていた三つのAPI 以外は今回また最初からの書き直しでした。


posted by takayan at 02:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | BlognPlus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。ご無沙汰です。
何処に書こうかと迷って、ここにしました。

さて、電脳さんのサイトの方でMicrosoft の新日本語合成エンジン?というものが、紹介されていました。
http://denspe.blog84.fc2.com/blog-entry-155.html

↑のコメント欄にも書きましたが、Win 8の情報が出ています。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120301_515705.html

標準で日本語の音声合成エンジンがインストールされている事は、
嬉しい事だと思います。

但し、現状のままだと、多くの読み上げソフトでx64版のHarukaに対応させる為に、
プログラムの修正が必要になり、大変そうです。
Posted by a at 2012年03月02日 21:55
情報ありがとうございます。
実は、Win8をインストールして確認したので、今晩その記事を書こうと思っていたのですが、先を越されてしまいました。
Posted by takayan at 2012年03月02日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック