2009年05月26日

新しいノートPCのその後

約五週間前から使いだした x200s だけど、やっと今頃になって調子よく使えるようになった。不調の原因はどうやらセクターエラーだった。とりあえず PC での作業が終わっても休止状態で中断し続ければなんとか使えていたので、R4 が修理から戻ってくるまで原因究明を先延ばしにしていた。先日待ちに待った R4 が戻ってきたので、安心して x200s の HDD を取り外し、新品の 500G の入れ替えて HDD のリカバリーを実行してみると、すべてが嘘のように快適になった。リカバリーする前は、起動させると必ず一回はブルースクリーンで止まるようになっていたから、もう現在のこの安堵感と言ったらたとえようもないくらいだ。この起動時に二回に一回ブルースクリーンというのは精神的にひどいダメージをうけてしまう。それを直したくても直せない状況はとても苦しかった。

取り出したHDDを外付けケースに入れて外部ドライブとしてチェックディスクをしてみると、セクタエラーが見つかった。取り外す前にもチェックディスクは何度もやったがセクタエラーのメッセージは出てなかったはず、英語のメッセージだったからわからなかったのかもしれない。最初に入っていたHDDの不良セクタを使用不能にして、それに対してもリカバリーをして、いろいろインストールしてみたけれど、それでも問題は起きなかった。原因はセクタエラーで間違いないだろう。

今はとても快適だ。いままでの苦痛は何だったのだろう。どうしてここまで苦しむんだろうと思うくらい苦しんでいた。でも今はとてもいい。あんなに苦しめられたのに、今では素直に買ってよかったと思っている。この二カ月の間にこのPCを使ってやりたいことや、やらなきゃいけないことが滞ってしまった。「パソコンがきれいな音声でしゃべるんです(xpNavo2)」も手に入れることができたので、VISTAでいろいろ試していける。flock2.5 もいつのまにか出ている。以前のメイン機も R4 のほうも修理から戻ってきてしばらく経つが不具合は完全に治っている。リカバリーで初期状態に戻し身軽な状態で使えばこれもとても軽快だ。今は Windows7 RC を入れて、いろいろ試している。


posted by takayan at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック