2011年11月02日

「カーネーション」が素晴らしすぎる

ここ数年、朝ドラはほとんど欠かさず見ているけど、今期の「カーネーション」はとてもいい。待ちきれずに7時半からのBSプレミアムで見て、面白かったからもう一度8時からの総合での放送も見るという生活が続いてる。最初の一ヶ月間の面白さでは、今まで見た中では一番かもしれない。

ヒロインの尾野真千子演じる糸子が、夢に向ってまっすぐに突き進んでいる。彼女の表情がとてもいい。朝ドラのヒロインにしては年齢が高いけれど、輝くような14才役も見事にこなしてしまった。外事警察の時に、名前を覚えて、そのあとMotherやら、私が初めて創ったドラマやら、映画版のクライマーズ・ハイに出ているのを見たけれど、どれも違う雰囲気の演技だった。今回の10代の女の子役からのスタートは、始まる前全然予想できないものだったけれど、とても見応えがあった。語りが本人というのも、このドラマにはとても合っている。ちりとてちんや、おひさまでも一応そうだったけれど、役者本人がやるのは珍しいと思う。

歌もなんだか慣れてきた。椎名林檎、嫌いじゃないけど朝ドラの曲は、なじまないんじゃないかと思っていた。実際最初の週は違和感ありすぎだけど、平気になった。彼女らしい情念のこもったいい曲だ。そのバックで流れる映像もいい。ミシンの上で小さな赤いドレスを着た人形が、そこをだんじりに見立てて舞っている姿が、かわいらしい。こういう象徴的な作りのOPは大好きだ。BGMもいい。ひたむきな時にかかる曲もいいけど、やっぱり、だんじりの曲が流れてきたときの高揚感はたまらない。

お父ちゃん役の小林薫がほんとにいい。やっぱりドラマはおっさんで善し悪しが決まるとつくづく思う。火曜日のお父ちゃんの、見本の制服を着て行けという冴えたアイデアは、意表をつかれて楽しかった。この前まで洋服を嫌っていたことが嘘みたいで、先頭に立って娘を応援しているという感じがありありとする、いい場面だ。役者もいいし脚本もいいからどの台詞も活きている。

洋裁の先生の財前直見を一週間家に泊めた時点でもう、完全にお父ちゃんの方向性は決まっている。糸子は知らないけれど、糸子を高く評価している本心を正直に話して、先生に土下座までして、自分が見込んだ娘の才能を伸ばそうとしたんだから。お父ちゃんは糸子が夜遅くまで洋服のデザインを一生懸命考えているのも、ちゃんと知ってるし、全力で糸子を支えてやろうと、いろいろ考えてる。

今週登場の、大阪制作の朝ドラではおなじみ、支配人役の國村隼もいいな。どこの誰とも知らない女からあなたのデパートの制服作らせてくださいと言われたら、そりゃそういう態度だろう。でも、それでもあきらめない糸子との掛け合いが面白い。やんわりとした言葉でお断りをして去って行く支配人の背中を見つめながら「みとれー」とつぶやく糸子が頼もしすぎる。子供時代が終わって、男に喧嘩では勝てなくなっても、根性だけはあの頃と変わらない。この情熱と行動力で、したたかに壁を乗り越えていこうとする姿は、見ててこちらも元気になる。応援せずにはいられなくなる。こんなに次回が待ち遠しいドラマも久しぶりだ。

 

一月出遅れた人は、今度の日曜日午後5時から「まだまだ間に合う!花ざかり“カーネーション”」があるので、どうぞ。たった30分だけじゃこの一ヶ月間の魅力は伝わらないかもしれないけれど、とりあえず「あれは、うちが乗れるだんじりなんや」というシーンと、カーネーションがこの物語でどういう意味を持っているのかさえ見られれば、それはそれでもう十分かもしれない。

 

番組公式サイト
http://www9.nhk.or.jp/carnation/index.html


定時の「カーネーション」放送予定時間

■ 毎日の放送(月-土)
07:30-07:45 BSプレミアム
08:00-08:15 NHK総合
12:45-13:00 NHK総合
18:45-19:00 BSプレミアム

■ 週末の放送
土曜 09:30-11:00 BSプレミアム (今週放送分の連続放送)
日曜 10:05-11:54 総合 NHKとっておきサンデー内、カーネーション一週間
日曜 18:40-18:45 総合 5分で「カーネーション」





posted by takayan at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。