2006年09月20日

純情きらり(147)

<内容>

やまちょうの洋間。あなた自身の演奏会を開いてみませんか。という西園寺先生からの申し出。指が回らないと拒むと、練習すればいいと西園寺。機会に恵まれないあなたのような女性のためにも開きたいと西園寺。演奏会の準備は僕に任せてください。あなたは心静かに練習をしてください。
西園寺が、お願いできますかと確認すると、とまどいながらも桜子は「は、はい」と答える。達彦にも確認すると、うれしそうに「よろしくお願いします。」

座敷。呆然と座り込む桜子。はいと言っちゃった、できるかな私に、と不安そうに達彦に問いかける。できるよ、進駐軍の演奏会であれだけできたのだから、俺が応援すると、達彦は心強い一言をかける。これは、おまえ一人の夢じゃないんだ。俺も店のために音楽を諦め、ピアノから遠ざかっていが、自分の中にもある。俺も見たいんだよと達彦が言うと、桜子はうんと返事をする。いつのまにか桜子も目を輝かせている。

それから桜子は演奏会に向けて本格的な練習を始める。音階練習から、一つ一つ難度を上げて。

有森家。その頃有森家には、夏休みを過ごしに笛子の家族がやってきていた。姉妹がそろって話をしている。おじいちゃんが死んで1年になるね。ピアノの前で幸せそうにねむっとるように。おじいちゃんにもピアノの演奏会聞かせたかったね。
笛子は夏が終わるまでこっちにいると言う。冬吾はこっちがいい、向こうにいて御輿にまつられてるのがいや、だとも言う。
冬吾たちが展覧会を開く話が出てくる。冬吾だけでなく、ヤスジさんたちマロニエ荘の仲間だった人たちの作品を集めた展覧会を。笛子は急に少し深刻な顔をして、実はトオルのために展覧会を開く。トオルの目が悪くなっている。と言う。
よく見えないせいで、引っ込み思案になって、友達もできないと亨の最近の様子を話す笛子。庭で姉のカズコとサチが楽しそうに遊んでいるわきで土遊びをしているトオルの様子が映る。
冬吾と話し合って、父親の絵をしっかり見せてやるために展覧会を開くことにした、と笛子。

カズコとサチが桜子にピアノを弾いてとねだってくる。いいよと桜子、ピアノの部屋に二人に引っ張られる。途中で、庭のトオルに聞きにおいでと声をかけるが、トオルは砂遊びを続けている。

ピアノの部屋。二人の女の子を椅子に座らせて、桜子が芝居気たっぷりに紙芝居を聞かせている。ピアノの演奏を間に入れながら。作品は以前ヤスジや冬吾と作った『北風と太陽』。カズコとサチはとても楽しそう。その様子をこっそり近づいてきたトオルが聞いている。

別の部屋。冬吾は鉛筆を削っている。桜子がやってくる。亨の目のことを聞くと、冬吾は展覧会も悪くないけど、自然を見せてやりたいと思っていると言う。空や雲や太陽や、まんどろのお月さんとかいろんなものを。今のうちによく見ていれば後になって思い出されるように。スケッチに行くときはなるべく連れて行ってる。
話は変わって。演奏会開くんだってねと冬吾が聞くと、一生叶わないと思っていたと桜子。思い続けていれば叶うこともあるものだね、一生に一度の演奏会でも叶わない、精一杯やってみる、と桜子。冬吾はいつもの口調で、「うんだな、やってみれ」と励ます。

山長のピアノで練習中の桜子。亨がドアを開いてやってくる。一人で来たのと聞くと姉ちゃんたちと来たと言う。桜子は亨ちゃんのための曲があるよとピアノのそばにやってきて、譜面を見せる。昨日の放送で出てきた譜面。「亨のテーマ」と書いてある。この曲は亨が大きくて元気でいい子になりますようにと作ったんだよと桜子。亨が聞いてみるというと、桜子は弾き始める。

そと。神社のあたり。子どもたちが山長から帰る途中。桜子が付き添っている。女の子たちは仲良く手をつないで帰っている。亨は桜子と並んで歩いている。亨に、一人ででもおいでと桜子が言うと、危ないから一人では外に出てはいけないと言われているとつまらなそうに言う。そして「いつか全部見えんくなるのかな。」と亨が悲しそうにつぶやく。桜子は近くに咲いていた紫色の花を見つけ、それを手折る。亨の高さにしゃがんで、亨の顔の前に出す。見える?と桜子が聞くと、桔梗だと答える亨。よく覚えとくんだよと桜子。取り出したいときにいつでも取り出せるように。目をつむってごらん。思い浮かべて、桔梗が見えるかどうか。目をつぶった亨は、見えるよと答える。目を開けてごらん。亨は顔の前にある桔梗を見つめる。

次の日。有森家。笛子が子どもたちに言い聞かせている。展覧会のことで外で話をしてくる。お外に出るときはお姉ちゃんたちに連れて行ってもらって、外は自転車が危ないと亨に言い聞かせている。お姉ちゃんのカズちゃんにも気をつけてやってねと念を押す。

亨がお姉ちゃんたちに桜ちゃんのところに行こうよと誘う。けれど女の子たちはあやとり遊びに夢中で、これが終わったらと生返事。亨は一人で、ふらふらっと外に出て行く。

そと。神社のそば。とても慎重な足取りで歩く亨。後ろからベルを鳴らして近づいてくる自転車。危なっかしくよける亨。飛びのいたすぐそばに桔梗の花を見つけてそれを摘む。その花を顔の前で見つめる。前を見ると野良犬がいる。犬が吠える。亨は怖くなって花を放り出して逃げ出す。

有森家に笛子が帰ってくるが、亨がいないことに気付く。山長。あわてて入ってくる笛子。亨来てない?亨の姿がみあたらんのと笛子。どこいったか知らん。とても心配そうな桜子の顔のアップで、「つづく」。


posted by takayan at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 純情きらり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック