2006年12月11日

NHK映像ファイル あの人に会いたい「星野道夫」

チャンネル :NHK教育
放送日   :2006年12月10日(日)
放送時間  :午後7:45〜午後7:55(10分)

「功名が辻」最終回の直前、偶然にこの番組を見ることができた。10分間の短い番組だったけれど、その中にいろんな内容が詰まっていた。1987年にスタジオでインタビューを受けているものと、1990年の上野動物園の熊の柵の前で篠山紀信を聞き手に話をしている映像の二つの番組の映像を中心に編集してあった。

自分がどういういきさつでアラスカに行ったのかを語り、何度でも飽きるほど見返していたイヌイットの村のページ、その村の村長さんに宛てた手紙が映し出される。星野道夫が書いた本を読んだりして聞いていた星野道夫の人生の話を、ひとつひとつの現物の映像を目にしながら星野道夫本人が語っている様子を見るという貴重な体験ができて、とてもよかった。

最初のインタビュー番組では、自分の寿命やそれを含めた命の不思議さを語っている。篠山紀信によるインタビューでは、熊が襲ってくるかもしれないのに銃を持たないのかということを星野に聞いている。もちろんこれから六年後に熊に襲われることは誰も知るよしもないのだけど。その中で星野道夫は、銃を持つと緊張感がなくなってしまい、そうするとあまり考えなくなってしまって、つまらなくなってしまうと答えている。

・星野道夫のことを書いた以前の投稿
アラスカ 星のような物語〜写真家・星野道夫 はるかなる大地との対話〜

調べてみると、この枠の番組はBSでもう一度放送されるようだ。
チャンネル :BS2
放送日   :2006年12月17日(日)
放送時間  :午後10:45〜午後10:55(10分)
NHK映像ファイル あの人に会いたい「星野道夫」 - NHK番組表




posted by takayan at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
極北の大自然とイヌイットの作品に癒されました。
 新潟の楽人といいます。
先日、星野道夫のアラスカの写真を見に長岡市栃尾美術館に行って来ました。正面玄関を入ると2.6メートルの白クマの剥製が迎えてくれました。日本では滅多に拝見できない剥製です。子供もこの大きさにビックリで、並んで写真撮影もできました。展示室では、アラスカで生活しているイヌイットが作った作品(版画・彫刻・タペストリーなど)が沢山展示してありました。イヌイットの作品を鑑賞する貴重な機会で見ていると癒される作品大好きと云って大学生など若い女性に人気です。2階ホールでは、星野道夫がアラスカアで写真を撮影する様子やカリブーなどの動物が沢山写っているDVDを見ることができます。なかなか手に入らないこのDVD、写真集や書籍の販売もしています。秋のひと時を星野道夫の写真とイヌイットアートは必見です。
詳しくは、下記の栃尾美術館HPへ
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/miru/siryou/t-bijutu.html#tochio-m
Posted by 新潟の楽人 at 2009年10月10日 23:33
新潟の楽人さん、情報ありがとうございます。
上記リンク先にあるように、2009年11月3日まで開催されているようです。お近くの方はどうぞ。
4MのPDFですが、チラシも次のアドレスで公開されています。
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/miru/siryou/a5whitebear.pdf
Posted by takayan at 2009年10月11日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。