2007年01月24日

上目線

最近の言葉で、僕はどうしてもこの言葉がなじめない。理由は明快。意味のベクトルが字義のベクトルと違っているから。「目線」という方向を伴う言葉に、上という方向を示す言葉がついていれば、直感的にどうしても僕は上向きのベクトルをイメージしてしまう。けれどこの場合の「上」は方向ではなく位置を示すためにつけられていて上の立場から下に向けられる目線という意味で使われる。ベクトルは下向きになる。この紛らわしい点に配慮してか「上目線」と言わずに「上から目線」という良心的な使い方をしてくれる人もいる。どうしても使いたい人はそう言ってほしいと切に願う。

「見下す」という言葉があるのに、どうして「上目線」を使うんだろうかと考える。すぐにわかることだけど、この言葉には上目線を向けられている自分が一切問題にされていない。この点で「見下す・見下される」という言葉とは完全に異なっている。この言葉は、相手の行為ではなく、自分の体験でもなく、相手の態度のみを語っている。この言葉は、見下されるような立場にある自分の惨めさ、見下された心の痛み、見下された理由など、そういう自己への言及を一切回避している。この「見下す」という生々しい意味を回避していることで、軽い謝罪にも利用される結果となる。「上目線でごめん」とは書けても、「見下した表現でごめん」とは決して書けない。

「目線」と似た言葉で、「視線」という言葉がある。ほとんど似た意味であるけれど、「視線」の方が一般的だと思っている。広辞苑で調べてみると、目線という言葉は、「もと、映画・演劇・テレビ界の語。」とある。この響きの特殊性はそういうところから来てるんだろう。

広辞苑では両者の意味の区別は書いていない。個人的な印象として、目線という言葉の方が、相手の目の位置や立場を強調しているように感じる。つまり「視線」と「視点」の両方の意味を含んでいるように思える。見かけたことのある「○○目線」という言葉:「お客様目線」、「子ども目線」、「親目線」、「赤ちゃん目線」。これらは「視線」で置き換えると使えなくもないが意味が微妙に違ってくる。「目線」を言い換えるならば「視線」ではなく、「視点」を使うほうがいいだろう。目線とはそういう属性を持つ言葉だと考えられる。類推し、そこまで考えると、方向としてではなく、位置としての「上」の用法は納得できなくもない。でも「上」という言葉は、立場だけではなく、本来より強い意味で方向を示す言葉であるために、やっぱりこの言葉の違和感を僕はどうしても払拭できない。


posted by takayan at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉・言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック