2007年06月03日

電脳コイル

NHK教育で土曜午後6時30分からやっている『電脳コイル』を先週から見ている。今日はその第四話『大黒市黒客クラブ』。見ようと思ってずっと見ていなかった。前回の途中でやってるのを思い出して見た。今日もタイマーを仕掛けといたつもりでいたのに、やっぱり途中から。だから内容を把握できない。でも面白そう。

時は202X年。舞台はフシギ都市大黒市。

舞台は由緒ある神社仏閣が立ち並ぶ古都でありながら、最新の電脳インフラを擁する地方都市「大黒市」。


この物語の主人公である子供たちはみんな特別な眼鏡をかけている。その名も電脳メガネ。これをかけると日常の物理空間に電脳空間の映像も重なって見えてくる。電脳メガネは、メガネの内側がディスプレイになっている、今の携帯電話とかパソコンのような存在。もちろんネットにつながって、情報をやりとりしている。映画「マトリクス」の現実空間と電脳空間は天国と地獄のように乖離していたけれど、この町ではそれがお互いを補うように重ねられた形で存在している。この電脳メガネを通してそれを同時に知覚できる。

NHKの番組サイトのトップ絵をよく見てみるとわかる(NHKアニメワールド:電脳コイル)。画像の中央の丸い輪っかは、誰かの手に持たれたメガネのレンズ。正面には物語の中心となる子供たちがいる。その中の小さな女の子が犬の耳を引っ張って持ち上げて、その犬が目を見開いて怯えた表情をしている。まさに動物虐第。でもこの犬の足をよく見ていると、後ろ足がない。メガネを通して見えている部分には犬がいて、メガネを通さない部分には何もない。実はこの犬は電脳ペットの「デンスケ」。実在しなくて電脳空間にのみ存在している。犬の横にも毛の生えた何か奇妙な生き物も映っているがこれもメガネの端で切れている。これも電脳ペットの「おやじ」。漂うようななかなかいい動きをするやつ。

この大黒市に二人のユウコが引っ越してきた。二人は小学六年生。区別のためにその漢字から「ヤサコ」「イサコ」と呼ばれる。この二人を中心に物語が展開していく。普通の女の子のヤサコと、謎の多いクールで高度な電脳空間の知識を持つイサコ。それとヤサコの友達になったフミエも重要な役。イサコには敵わないまでも彼女もなかなか凄腕だというのは今回の断片だけ見てもわかった。まだ部分的にしか見れていないけれど、舞台は恐ろしくサイバーなんだけれど、実際は普遍的な子供時代の成長を描こうとしているんだろうし、僕もそういう物語を期待している。

この町の電脳空間というのは、いわゆるRPGとかネトゲーとかの町が、この現実の町の座標と一対一に対応しているという感じなんだろう。だから電脳メガネをかけて、その場所を見ると、そこに対応する電脳空間の情報がメガネに映しだされるという仕組みのなんだろう。でもどうやってその対応を実現するんだろうか。メガネが携帯電話や無線ランのようにサーバーにつながっていて、GPSとか無線基地からの電波を使って極めて正確な座標情報をもっているとかなんだろうな。

深く考えると難しい。電脳空間はリアルタイムで現実空間の情報を反映している。まあそうじゃないと話が成り立たないのだけれど。ということは、その現実空間の情報は誰かがかけているメガネからその電脳空間に伝えられるということだろう。つまり誰も電脳メガネを使って見ていないものは、電脳空間には反映されえないということだろう。もちろん見ているというのは単にカメラが仕込まれているだろうメガネをそちらに向けているということでないといけないけれど。例えば、電脳ペットが飼い主のいないところを歩くように指示されていれば、電脳空間上をその電脳ペットはちゃんと歩いているのだろうが、その経路を遮るような物を電脳メガネをかけていない人が置いたりしても、その電脳ペットはその障害物の存在を知らないのでそれを無いものとして歩いていくのだろう。電脳ペット自体は物理空間を直接見ることができないのだから。ただそこに一人でも電脳メガネをしている者がいれば、その電脳ペットはその障害物の情報を獲得してしまうので、その障害物を回避するように動くということになるだろう。なんか考え出したらややこしくなるな。

こんなハイテクなメガネをかけていても、それなのにかえって僕たちの子供時代のような雰囲気さえ感じさせる。テレビゲームや携帯ゲーム機に拘束されていなくて、メガネをかければこの町自体が無限の遊び場になるからじゃないかなと思う。男子はこの時代も単純すぎる。まあ事実そうなんだからしかたがない。駄菓子屋のばあちゃんも出てくる。ただそこに売っているのが昔も今も扱っていない電脳空間で使うための小銭で買えるアイテムだという違いはあるけれど。

この物語に一つ心配なことがある。それは本来の視聴対象の子供たちに理解できるだろうか。大人でも理解できないような高度な設定だから、混乱して、わけわからんから見ないってなりやしないだろうか。でも子供だから分かるということもあるかもしれない。深く考えない方が見ていられるということもあるだろう。今日の回なんて雰囲気最高。理屈抜きになにかすごい電脳バトルやってて、かっこよかった。子供たちにも、うけたかな。

残念なのは第一話から見ていなかったことだけど、いい情報を見つけた。NHKのページには、「6月16日(土) 午後3:00〜5:00 教育テレビ にて「電脳コイル」の1〜5話を一挙に放送する予定」とある。よかった。

ノベライズもされていて、現在すでに第一巻が発売中。著者は脚本家の方の宮村優子。「六番目の小夜子」の脚本の人。

関係ページ

■NHK教育
NHKアニメワールド:電脳コイル

■オフィシャルページ
電脳コイル




posted by takayan at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳コイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。