2008年02月05日

ヤッターマン

ヤッターマンの録画を見る。やっぱり歌がどうしてもなじめない。映像はいいんだけれど、なんでこれにしちゃったのだろう。かっこいいかもしれないけれど、楽しい曲には思えない。一緒に歌って元気になるって曲じゃない。いまさら一緒に歌うわけじゃないんだけれど、あの昔のOPとEDがあってこそのヤッターマンだったんだなと分かってくる。山本正之氏の独特の歌声がないともう別なものに思えてしまう。それに富山敬氏のナレーションも重要だったとしみじみ思う。すべての要素が当時の子供が楽しめるようにとても魅力的に組み合わさっていたんだなあ。だから長期にわたってマンネリが続けられたんだろうな。

今日の話の内容(「北の国から」のパロディ)からも昔の視聴者を意識して作ってくれているんだろうけど、そこまで昔のファンが喜んで見ているとは思えない。とはいえ、新番組でドロンボー一味とドクロベー様が再結集してくれたことは大感謝。僕はそこしか見るところがない。今後は今の子供たちの心をつかんだ面白い作品を作ってくださいとしか言えない。

何年か前カートゥーンネットワークで延々やってたタイムボカンシリーズを見て十分堪能してるから、正直今回のヤッターマンにそれほど要望することもない。調べてみると、今はキッズステーションで昔のヤッターマンをやっている。昔を懐かしがりたい人はスカパーで見ればいいってこと。タイムボカンシリーズはDVDも既に出てるじゃないですか。今のに不満がある人も大人買いすれば万事解決。きっと今回のヤッターマンはオリジナル版のDVD販売促進というそういう計略にもなってるんでしょ。

追記:2008/02/08
Gyaoでもオリジナル版毎週2話ずつやってますね。

■関連リンク
番組表『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』|キッズステーション

お仲間の懐古主義者はこちらをどうぞ



パソコンは前の環境に戻ったけれど、最近仕事に時間を使わないといけなくなって、前から書こうとしていることにも没頭できない。プログラミングをする時間もとれない。読みたい本も買ったのにまだ読み終えられない。やっと暇ができたと思ったら、今度は頭が痛くなって寝込んで、無駄につぶれてしまう。それに、お金はちっとも貯まらない。




posted by takayan at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。